フリーランス

初めての確定申告

Pocket

こんにちは。

 

令和2年度「確定申告」を終わらせて来ました!

 

個人事業主として開業して、フリーランス初めての確定申告だったので

始めはやり方も仕組みもサッパリ分からなかったので、なんとか無事終わって安心しております。。。

 

 

恥ずかしい話ですが、会社員の頃は確定申告の事など全く知りませんでした。。。

 

確定申告とは?

確定申告とは、その年の所得を計算して申告し、税金を納めるための一連の手続きのことです。

基本的に会社に勤めていれば、会社が納税作業を代行してくれるので確定申告は必要ありません。

確定申告が必要な人は、主に個人事業主、フリーランス、会社経営者、事業主、不動産所得のある人です。

しかし、会社員は基本的には確定申告は必要無いですが、会社員であっても一定の条件を満たせば確定申告をしなければなりません。

 

 

始めての確定申告準備ではまず「領収書」の整理から始じめました。

1年分の領収書の整理は意外と大変ですね(‘_’)

 

そして、私は3月まで会社員で働いていましたので給料収入の「源泉徴収票」を準備。

 

次に「確定申告ソフト」をダウンロード。

 

初心者でも簡単に使えるという事を聞いていたので

「やよいの青色申告 オンライン

 

のクラウド確定申告ソフト使用しました◎

 

 

日付や金額などを入力するだけで全て計算してくれます。

計算が苦手な私でも簡単に使えました。

 

あっという間に確定申告に必要な書類が作成できます。

 

※初年度は利用料無料です。

 

やよいの青色申告 オンラインHP

 

もう作成出来たの?と思う位すぐに完成しました。

始めての確定申告で不安だったので、税務書に確認してもらう思うと思いましたが、

 

確定申告の税務署への相談はコロナウィルスの影響もあり「予約」が必須でした。

 

予約の仕方はLINEで予約が出来ます。

「国税庁」と調べてLINEで友だちになってから予約に進めます。

気になった方は国税庁HPをご覧ください。

 

 

簡単にLINE予約が出来ました◎

 

作成した確定申告書を持っていざ税務署に向かいました。

 

予約しているので、スムーズに案内されました。

 

『やり方違っていたらどうしよう・・・・』

 

と税務署行くまでは不安でしたが、書類を確認して貰うだけのつもりが

提出書類が揃っていたのでそのまま「受理しますよ」と言われて受理されました(*^^*)

 

 

 

これで無事2020年度の確定申告が終わってホッとしています。

 

2021年度は2020年度以上に、フリーランスとして結果を残せるように頑張ります。

 

フリーランス1年目の振り返りは、また年度末にでも…(>_<)

 

 

今日も読んでくれてありがとうございました!